上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログを書いていると、たまにふと我に返るときがあるんだよね。
読んでくれる人がいると仮定してなんだかんだ語っているけれど、一人で一体なにしてんだろうか。
自己満足の備忘録だと言い聞かせていても、なんだか虚しさに勝てないなぁ。





バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 (角川ホラー文庫)
(2015/03/25)
藤木 稟

商品詳細を見る





内容(「BOOK」データベースより)

熊本・天草において、真夏日に大雪が観測され、天空に忽然と巨大な十字架が浮かび上がった。
時期を同じくして近隣の海で遭難した海洋冒険家は、こう語ったという―「美しい黒髪の天使に救われた」。
平賀とロベルトは奇跡調査を開始するが、隠れキリシタンの信仰が色濃く残る天草の地には、さらに謎めいた怪異と暗号が伝えられていた。
「さんしゃる二、こんたろす五」の文が示す天草四郎伝説の真実とは!?大人気シリーズ第9弾。





9弾まで来ました。
間に短編集が入ったので10巻目です。
これから3巻ほど新刊ラッシュがつづくそうな。楽しみだな~。

今回は優しい後味というか、事件は剣呑だったりするのだけれど、どこかおだやかで十字架の裏をそっと覗いてみるような、そんな印象。
舞台が日本だからかもしれない。

妖怪の話や怪談もあって日本仕様ですね。ウキウキ。

副題の 原罪無き使徒達 っていうのが、読後の今にみるとじんわりとしたモノがこみあげてきたり。

宣教の真の意図とそこの裏の歴史的背景が、隠れキリシタンを通して見えて、少しばかり切なかったり。

それにしても毎回、ロベルトの作る食事がすごく美味しそうです。
今日の昼にでも作ってみようと思ったけれど、材料がオシャレすぎて家にはなかった。
醤油で誤魔化すかな。




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

記事が溜まってきました。

さて、今回はこちら。





バチカン奇跡調査官ラプラスの悪魔 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官ラプラスの悪魔 (角川ホラー文庫)
(2012/05/25)
藤木 稟

商品詳細を見る







内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ次期大統領候補の若き議員が、教会で眩い光に打たれ謎の死をとげた。
議員には死霊が憑いていたとの話もあり、事態を重く見た政府はバチカンに調査を依頼。
平賀とロベルトは、旧知のFBI捜査官ビル・サスキンスと共に、
悪霊を閉じ込めているという噂のゴーストハウスに潜入する。
そこでは、政財界の要人しか参加できない秘密の降霊会が開かれていて、さらに驚愕の事件が発生する。
天才神父コンビの事件簿、第6弾。






これは完全に本の選択ミスです。

シリーズを連続でもってくるのは間違いでした。

嗚呼、またしても書くことがありません。

しかし、こう何回も感想を書いていないと、そんな程度の本なのかと誤解されそうですので、

書きます。書きますとも。


いやー、ビル・サスキンス捜査官がこれでもかというほど存在感の押し売りをしてきましたね。

いい意味で。

この巻は、科学的検証が多くて、楽しかったです。

そして、最後に重大な事実を知ることとなるのです。

次巻が楽しみです。


あー、もう少し早く記事を書いておくべきだった。

内容の詳細が思いだせない。

なんせ、読んだのは一か月前だ。

こりゃ、いかん。


と、いうことで、今回はこの辺で退散します。




2013.1.5 読了



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



恐ろしく遅い新年のご挨拶となります。

あけましておめでとうございます。

謙虚になったかいも虚しく、おみくじは小吉に終わりましたが、

これからも頑張って参る所存にございます。

さて、今回はこちら。






バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)
(2011/10/25)
藤木 稟

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

英国での奇跡調査からの帰り、ホールデングスという田舎町に滞在することになった平賀とロベルト。
ファイロン公爵領であるその町には、黒髪に赤い瞳の、美貌の吸血鬼の噂が流れていた。
実際にロベルトは、血を吸われて死んだ女性が息を吹き返した現場に遭遇する。
屍体は伝説通り、吸血鬼となって蘇ったのか。
さらに町では、吸血鬼に襲われた人間が次々と現れて…!?
『屍者の王』の謎に2人が挑む、天才神父コンビの事件簿、第5弾。





相変わらずの面白さです。

ですが書くことがありません。

ということで、今回は私のおみくじ話としましょう。

というか、おみくじ話とかこつけての言い訳がしたいのです。

さて、晴れて小吉を引き当てた私ですが、内容はあまりよろしいものではありませんでした。

そして、その中でも特別私の気をひいたのは、病の欄でした。

そう。私の病の欄には「重し」と書いてあったのです。

本気にしているつもりはありません。

おみくじは所詮占いにすぎない。

そもそも、おみくじの内容は誰が考えているのでしょう。

そんな何処の誰が考えたとも知れないおみくじに、一年を振り回されることはないのです。

事実、私は今まで大吉を幾度となく引いてきましたが、道端で大金を拾うだとか、

温泉を堀当てるだとかいったような、目立った良いことがあった記憶など一度もありません。

いや、むしろ階段を十段程のこして踏み外し、こけてなるものかと思い、

意を決して飛び降りたところ、跳躍力が足らず、最後の一段を踏み外したことにより、

右足首の靭帯損傷などという代償を得た事さえありました。

そこで、私の『階段は九段までしか飛ぶことができない』という限界を知ることになるのですが、

それはまた別の話です。

さて、おみくじに戻りましょう。

私は全く気になどしていないのです。

しかし、この「重し」という言葉には、小さいながらも確かに棘がありました。

そして、その小さな棘は私を刺すのには十分過ぎる大きさだったのでしょう。

きっと、その小さな傷の癒える時間がこの記事を書くまでの空白を造り上げたのです。

ということで、今年初めての記事がこんなにも遅れてしまったのはおみくじのせいです。


そして、これからもより精進すべく頑張って参りますので、本年も宜しくお願い致します。




2012.1.1 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



さて、私は最近シリーズものばかりを読んでいるので、しばらくはシリーズが続くでしょう。

興味のない方には申し訳ありませんが、もう少しの間我慢していただきたい。

ということで、今回もこちら。





バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)
(2011/02/25)
藤木 稟

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

イタリアの小村の教会から申告された『奇跡』の調査に赴いた
美貌の天才科学者・平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。
彼らがそこで遭遇したのは、教会に角笛が鳴り響き虹色の光に包まれる不可思議な『奇跡』。
だが、教会の司祭は何かを隠すような不自然な態度で、2人は不審に思う。
やがてこの教会で死体が発見されて―!?
『首切り道化師』の伝説が残るこの村に秘められた謎とは!?
天才神父コンビの事件簿、第3弾。






この巻は、事件の黒幕が前巻とつながっていて、あゝやっとシリーズっぽくなってきたな

という感じです。

やはり面白いのですが・・・残念なことに前巻や前々巻の感想ですべて書ききってしまい、

書くことがありません。

いやー。これは思わぬ落とし穴です。

迂闊にシリーズものに手を付けられませんね。


と、いうことで、

今回は私のちょっとした出来事をば。

(ちょっとしたと書いたくせに、普通の感想の時よりも長くなりました。なんたることか。)



その日私は、友人二人と電車に揺られていた。

あの時はなんの話をしていたのだろう・・・

ああそうだ、幼稚園の話だ。

「幼稚園児ってさ、鼻たれてるよね。なんで?」

という友人の言葉で話は始まったのだ。

「さあ、なんでだろう。あ、幼稚園といえばね・・・」

少し面倒くさかった私は友人の疑問を軽くスルーし、話題を変えた。

「私が幼稚園の年中の時、年長のお姉さんが優しく私の目やにを取ってくれてねー。」

友人は気分を害した風もなく私の話を聞いている。良い友を持ったものだ。

「それが凄く嬉しくてずっと覚えてるんだけど・・・」

と、私が、少なからず美化されたであろう幼稚園の思い出に思いを馳せ、余韻に浸っていたその時だった。

ガラガラガラ・・・と音が響いた。

視線を音のする方へ向けると、スーツケースが走っていた。

驚いていると、後から持ち主であろうおばさんが追いつこうと必死に手を伸ばしている。

嗚呼、恥ずかしいだろうなぁ。ああいうのはぎりぎり追いつけないものなのだ。かわいそうに。

と、優しく見守っていると、今度は横から変な音がする。

ぷっ・・・ふっ・・・

見るとそこには、顔を伏せ、小刻みに震えながら、一生懸命笑いをこらえている友人がいた。

だが残念なことに全くこらえられていない。

笑ってやるな。かわいそうじゃないか。ほら、この車両で笑っているのは君だけだよ・・・。

と、言いたかったのだが、悲しいかな、笑いは伝染するのだ。

「笑っ・・ぷっ・・ククク・・・」

私の言葉は行き場をなくし、宙をさまよっている。

それから三人は涙を流しながら笑いつづけ、友人は、

「腹筋がっ・・腹筋がっ・・」

と、息も絶え絶えで言い続けていた。

後から考えると、何がそんなに面白かったのだか、と思うが、その時は本当に笑いが止まらなかった。

いやはや、伝染とはなんと恐ろしいものなのだろう・・・。

その後、私たち三人が電車を乗り換えた頃には、

体力の半分を代償に、なんとか笑いを押さえつけたのだが、その努力は一瞬にして水の泡となる。

電車が発車しようとした、まさにその時だった。

ホームを歩いていた女子高生が、おもむろにY字バランスをしたのだ。

とてもきれいなY字バランスだった。テレビで披露すれば拍手喝采だったことだろう。

私たちは過ぎ去って行くホームを目で追い、そして吹いた。

嗚呼せっかく蓋をしたのにどうしてくれるんだ。

ほら、向かいに座っている人が怪訝そうな目で見てくるじゃないか。

恥ずかしい。しかし、もはや笑いは私の制御を軽々と振り切って好き勝手に暴れまくっている。

嗚呼、このまま笑い死んでしまったらどうしよう。

そんなことを考えながら笑い続けている私を、電車は運んで行った。





追申・これは読書日記です。





2012.10.31 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



今回もこちら。




バチカン奇跡調査官  サタンの裁き (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 サタンの裁き (角川ホラー文庫)
(2011/01/25)
藤木 稟

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

美貌の科学者・平賀と、古文書と暗号解読のエキスパート・ロベルトは、バチカンの『奇跡調査官』。
2人が今回挑むのは、1年半前に死んだ預言者の、腐敗しない死体の謎。
早速アフリカのソフマ共和国に赴いた2人は、現地の呪術的な儀式で女が殺された現場に遭遇する。
不穏な空気の中、さらに亡き預言者が、ロベルトの来訪とその死を預言していたことも分かり!?
「私が貴方を死なせなどしません」
天才神父コンビの事件簿、第2弾。





この巻は、ロベルトがメインです。

ロベルトの過去も明らかになります。

でも、私的にはロベルトを心配する平賀のほうが良かったと思います。

事件じたいは全くもって微笑ましくないのですが、2人が互いを気にかけている様子が微笑ましいです。

いやー実に面白かった。



・・・・ていうか

全然文章が浮かんでこないんですけど・・・

はっ!

ひょっとしてスランプか?これが世に言うスランプというやつなのか?

そうか、それならば感想が短くなってもしかたあるまい。



と、言い訳をしたところで今回の記事を終わらせていただきます。



2012.10.8 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村







最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。