上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか、湿気で皮膚が息苦しいとずっと思っていたけど、もしかして日焼け止めのせいだろうか。





完全犯罪に猫は何匹必要か? (光文社文庫)完全犯罪に猫は何匹必要か? (光文社文庫)
東川 篤哉

光文社 2008-02-07
売り上げランキング : 248198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






内容(「BOOK」データベースより)

『招き寿司』チェーン社長・豪徳寺豊蔵が破格の金額で探偵・鵜飼杜夫に愛猫の捜索を依頼した。
その直後、豊蔵は自宅のビニールハウスで殺害されてしまう。なぜか現場には巨大招き猫がおかれていて!?
そこでは十年前に迷宮入りした殺人事件もおきていた。事件の鍵を握るのは“猫”?
本格推理とユーモアの妙味が、新しいミステリーの世界に、読者を招く。






烏賊川市シリーズ第三弾。

さて、シリーズ恒例の、書くことない現象です。
指を鳴らしてやると、(パチンッ) 文章が現れ・・・ たりすることは決してありません。(駄文ならいくらでも書ける。)

えー、今回は猫づくしでした。
招き猫やら、生猫やらです。
そのどちらもが事件と密接に関わっていて、かつ騙し合っているかのような関係性で、巧妙に絡んでいる。
既視感があったから、ドラマでやってたエピソードだと思われるのだけど、それでも何の妨害も受けずに楽しめた。
トリックを知っていてもミステリーとして面白く読めるだなんて感動的な驚きです。
謎も相変わらず本格的で素敵でした。
ユーモアも絶妙。

やっぱり分かっていても楽しませる術ってのは大切なんですね。
如何に裏をかくか、ばれない様にこなすかだけではなくて、見えてもなお素直に心躍らせるような、そういった技術こそが本当の凄さであり、素人には越えることのできない一段なのかもしれない。

ちなみに、こういうブログなんかは逆だ。
知っているものについては読みやすいけれど、知らない場合はなかなか進まないものである。
私の書くものは、具体的でも深くもない、ひどく抽象的で幼稚なものだから、たいそう読みにくいだろう。
なんてったて、”今回は猫づくしでした。” だ。
まあ、主観では分からないものだから今後も改善は見込めないかもなぁ。 ははは・・・ (なぜか虚しい) 




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

今日は午後から鼻の調子が大荒れだった。
もはや、アレルギーか風邪かも分からないけど、ずびずびの状態で講義を聴くのはなかなか辛いものだね。
上を向いていたら、隣に座っていた友人に笑われてしまった。
ズズッ・・・ (そして今もボーっとしてしんどい)





密室に向かって撃て! 烏賊川市シリーズ (光文社文庫)密室に向かって撃て! 烏賊川市シリーズ (光文社文庫)
(2007/06/20)
東川 篤哉

商品詳細を見る






内容紹介

烏賊川市警(いかがわしけい)の失態で持ち逃げされた拳銃が、次々と事件を引き起こす。
ホームレス射殺事件、そして名門・十乗寺(じゅうじょうじ)家の屋敷では、娘・さくらの花婿(はなむこ)候補の一人が銃弾に倒れたのだ。
花婿候補3人の調査を行っていた《名探偵》鵜飼(うかい)は、弟子の流平(りゅうへい)とともに、密室殺人の謎に挑む。
ふんだんのギャグに織り込まれた周到な伏線。「お笑い本格ミステリー」の最高峰!






「密室の鍵かします」に続く、烏賊川市シリーズ第二弾です。

相変わらずのギャグがとても面白い。
ふざけているのかと思うけれど、いや、本当にふざけているのかもしれないけど、それほどにしっかりとしたミステリーである。
なんだか、そのバランスがとても良いのだろうなぁ。
ポップでカッチリといった感じ。
その合いそうもない二つが、なぜか共存しているのです。
実に楽しいっ。

そして、登場人物たちがまた、魅力的なのです。
探偵とその周りの人々、刑事達、事件関係者、誰しもがそれぞれ個性をもち、ギャグをかます。
それらが決して、クドくも嫌味でもなく、ただひたすらに面白みとして押し寄せてくる。

まさに、「お笑い本格ミステリー」なのだ。



ズズッ・・・・(まだ出てる)





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




年内に読んだ本は年内の内に!

というモットーを、たった今作ったので、それに従います。

今回はこちら。






謎解きはディナーのあとで 3謎解きはディナーのあとで 3
(2012/12/12)
東川 篤哉

商品詳細を見る








内容紹介

シリーズ累計300万部突破の人気ミステリ

国立署の新米刑事、宝生麗子は
世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。
『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。
大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、
難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を話す相手は”執事兼運転手”の影山。
「お嬢様の目は節穴でございますか?」
――暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに謎を解き明かしていく。

2011年本屋大賞第1位、同年の年間ベストセラー第1位に輝いたシリーズ累計300万部突破の大人気ミステリ第3弾。

文芸誌『きらら』に連載した5編「犯人に毒を与えないでください」「この川で溺れないでください」
「怪盗からの挑戦状でございます」「殺人には自転車をご利用ください」
「彼女は何を奪われたのでございますか」に、
書き下ろし「さよならはディナーのあとで」を加えた全6編。






ついに三巻目までいきましたね。

今は十分面白いのですが、このまま続くとマンネリ化しそうで不安です。

まあ、私が憂うことではありません。

謎解きはある程度予測できてしまいますが、影山目線で読み進めていくのも、また一つの良さでしょう。

私的には、風祭警部とお嬢様の掛け合いが好きです。

では、今回はこの辺で。




謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る




謎解きはディナーのあとで 2謎解きはディナーのあとで 2
(2011/11/10)
東川 篤哉

商品詳細を見る




2012.12.13 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。