上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はこちら。






春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
(2004/12/18)
米澤 穂信

商品詳細を見る









内容(「BOOK」データベースより)

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。
きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。
それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。
名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、
果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?
新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。






可愛らしいタイトルとは裏腹に、小佐内さんの執念は深く、そして黒かった・・・。

ふたりの前に現れる謎自体は日常的で、ごく小規模です。

しかし、なんだかスケールが大きく感じてしまう。

登場人物の感情が深いからでしょうか。

人間的な、どろっとした感情が描かれているにもかかわらず、可憐で爽やかな後味です。

どうやらシリーズがあるようなので早く読みたいな。

そして何より、

スイーツがたくさん出てくるので、お腹がすきます。

あー、いちごタルトが食べたいなー。


と、いうところでお時間となったようです。

また次回お会いしましょう。



2013.2.20 読了



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。