上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり画像はないと淋しいよねっ。 (画像の幅分文字を入れるのが嫌なだけ。)

あ、そうそう。
人生不安だとか悩んでる間に勉強しろよ、私。





幻惑の死と使途 (講談社文庫)幻惑の死と使途 (講談社文庫)
森 博嗣

講談社 2000-11-15
売り上げランキング : 19667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools







内容紹介

天才マジシャン、死してなお奇跡を呼ぶ――
事件は、奇数章だけで描かれる。

「諸君が、一度でも私の名を呼べば、どんな密室からも抜け出してみせよう」
いかなる状況からも奇跡の脱出を果たす天才奇術師・有里匠幻が衆人環視のショーの最中に殺された。
しかも遺体は、霊柩車から消失。これは匠幻最後の脱出か?
幾重にも重なる謎に秘められた真実を犀川・西之園の理系師弟が解明する。






すべてがFになる をドラマで見たから途中からでもやっていけそうー とか思って突然6巻目を読んでみた。
まあ、実際やっていけたんだけど、主人公二人の関係性が進んでたよね。
調子こいたわ。

とても理論整然と組み立てられていて、カッチリと四角くまとまっている。
上手く説明できないけれど、当然主人公が理系だから理系然としていて、機械がすべてを計算して吐き出しているような、論理的で精巧緻密な文章と謎解きが四角いものになっているといった感じ。(ま、本はそもそも四角いしね。)
でも、その中にある登場人物の心情は全然整頓なんかされていなくて、むしろおぼろげで散らかって浮遊している。
中と書いたけど、イメージ的には外かもしれない。周りをバラっと覆っている。しかし、本質、中核はその四角なのだ。
目に飛び込んでくるはっきりとした四角が印象となって、周りを取り巻くぼやけたバラバラ達は、確かにあるのに見えない何かになってしまう。

きっと四角のなかの彼らもそうなのだろう。
それをひとつひとつ拾い集めて、確かなものにしてゆくのはとても難しい。


さて、意味の分からないことをグダグダとぬかしたところで、まともな感想を書こうかな。
もちろんあえてこの巻を選んだのはマジシャンが出てくるからに他ならない。
それだけでワクワクして読むというのは何だか安直な気もするけど、ほっといてください。
とにかく、素直に面白かったと感じる。
文系のくせに理系小説が好きという私は、理解しているかはさておき、とても楽しめた。
事件の真相は、まさかなるほどだった。
二人の少しもどかしいところもアクセントとなっていて、硬軟織り交ざるから、最後まで飽きずに読むことが出来る。

この巻が奇数章だけなのは、次の巻が偶数章だけで同時進行の別事件を扱うからなそうな。
これは読みたいなぁ。



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。