上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回もこちら。





偽神譜  考古探偵一法師全の追跡 (角川文庫)偽神譜 考古探偵一法師全の追跡 (角川文庫)
(2011/09/23)
化野 燐

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

奇怪な人面をかたどった“邪視紋銅鐸”の鋳型が北九州で発見された。
女子学生の依頼を受けて現地を訪れた一法師と荻原、佳織は、発掘現場にただよう不穏な空気を感じる。
そこでは50年前の発掘調査の際に、関係者6人が殺される事件が起こっていた。
依頼してきた女子学生の失踪、現場で相次ぐ死者。
感染症の危険から隔離施設に閉じ込められた一法師たちは、見えない敵との戦いに挑む…。
絶好調、考古探偵シリーズ第3弾。





前回の記事で、伝染の恐ろしさについて語りましたが、

今回はそういう本です。

あ、笑いが伝染する話ではなくてですね・・・。

こっちはウイルスの伝染です。

自分が得体の知れないウイルスに感染しているかもしれない恐怖が描かれています。

あー、前回の伝染の話、この記事で書けば良かったかなー。

惜しいことをしましたね。



まあ、それはさて置き。



今回は前巻の話の裏話でした。

思わぬところで事件がつながって、前巻で釈然としなっかた謎もすっきり解決です。

しかし、新たな謎も。

次巻が気になります。



嗚呼、また書くことが無くなった。

しかし、そう頻繁にブログに書くような出来事が起きる訳もなく・・・。


と、いうことで今回はこの辺で。




2012.11.9 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

さて、私は最近シリーズものばかりを読んでいるので、しばらくはシリーズが続くでしょう。

興味のない方には申し訳ありませんが、もう少しの間我慢していただきたい。

ということで、今回もこちら。





バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 闇の黄金 (角川ホラー文庫)
(2011/02/25)
藤木 稟

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

イタリアの小村の教会から申告された『奇跡』の調査に赴いた
美貌の天才科学者・平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。
彼らがそこで遭遇したのは、教会に角笛が鳴り響き虹色の光に包まれる不可思議な『奇跡』。
だが、教会の司祭は何かを隠すような不自然な態度で、2人は不審に思う。
やがてこの教会で死体が発見されて―!?
『首切り道化師』の伝説が残るこの村に秘められた謎とは!?
天才神父コンビの事件簿、第3弾。






この巻は、事件の黒幕が前巻とつながっていて、あゝやっとシリーズっぽくなってきたな

という感じです。

やはり面白いのですが・・・残念なことに前巻や前々巻の感想ですべて書ききってしまい、

書くことがありません。

いやー。これは思わぬ落とし穴です。

迂闊にシリーズものに手を付けられませんね。


と、いうことで、

今回は私のちょっとした出来事をば。

(ちょっとしたと書いたくせに、普通の感想の時よりも長くなりました。なんたることか。)



その日私は、友人二人と電車に揺られていた。

あの時はなんの話をしていたのだろう・・・

ああそうだ、幼稚園の話だ。

「幼稚園児ってさ、鼻たれてるよね。なんで?」

という友人の言葉で話は始まったのだ。

「さあ、なんでだろう。あ、幼稚園といえばね・・・」

少し面倒くさかった私は友人の疑問を軽くスルーし、話題を変えた。

「私が幼稚園の年中の時、年長のお姉さんが優しく私の目やにを取ってくれてねー。」

友人は気分を害した風もなく私の話を聞いている。良い友を持ったものだ。

「それが凄く嬉しくてずっと覚えてるんだけど・・・」

と、私が、少なからず美化されたであろう幼稚園の思い出に思いを馳せ、余韻に浸っていたその時だった。

ガラガラガラ・・・と音が響いた。

視線を音のする方へ向けると、スーツケースが走っていた。

驚いていると、後から持ち主であろうおばさんが追いつこうと必死に手を伸ばしている。

嗚呼、恥ずかしいだろうなぁ。ああいうのはぎりぎり追いつけないものなのだ。かわいそうに。

と、優しく見守っていると、今度は横から変な音がする。

ぷっ・・・ふっ・・・

見るとそこには、顔を伏せ、小刻みに震えながら、一生懸命笑いをこらえている友人がいた。

だが残念なことに全くこらえられていない。

笑ってやるな。かわいそうじゃないか。ほら、この車両で笑っているのは君だけだよ・・・。

と、言いたかったのだが、悲しいかな、笑いは伝染するのだ。

「笑っ・・ぷっ・・ククク・・・」

私の言葉は行き場をなくし、宙をさまよっている。

それから三人は涙を流しながら笑いつづけ、友人は、

「腹筋がっ・・腹筋がっ・・」

と、息も絶え絶えで言い続けていた。

後から考えると、何がそんなに面白かったのだか、と思うが、その時は本当に笑いが止まらなかった。

いやはや、伝染とはなんと恐ろしいものなのだろう・・・。

その後、私たち三人が電車を乗り換えた頃には、

体力の半分を代償に、なんとか笑いを押さえつけたのだが、その努力は一瞬にして水の泡となる。

電車が発車しようとした、まさにその時だった。

ホームを歩いていた女子高生が、おもむろにY字バランスをしたのだ。

とてもきれいなY字バランスだった。テレビで披露すれば拍手喝采だったことだろう。

私たちは過ぎ去って行くホームを目で追い、そして吹いた。

嗚呼せっかく蓋をしたのにどうしてくれるんだ。

ほら、向かいに座っている人が怪訝そうな目で見てくるじゃないか。

恥ずかしい。しかし、もはや笑いは私の制御を軽々と振り切って好き勝手に暴れまくっている。

嗚呼、このまま笑い死んでしまったらどうしよう。

そんなことを考えながら笑い続けている私を、電車は運んで行った。





追申・これは読書日記です。





2012.10.31 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





植物図鑑植物図鑑
(2009/07/01)
有川 浩

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

ある日、道ばたに落ちていた彼。
「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできたよい子です」
「―あらやだ。けっこういい男」
楽しくて美味しい道草が、やがて二人の恋になる―。
書き下ろし番外編に加え、イツキ特製“道草料理レシピ”も掲載。





いやー

やっとシリーズ地獄から脱出できました。

といってもこの一冊だけです。

箸休め的な。


さて、感想です。

この本を読んでから、普段気にも留めないような雑草に目が吸いつけられます。

あ、雑草という名の草はないんでした。

そんなどこにでも生えているような草たちを何とまあおいしそうに調理すること。

読んでいるだけでお腹がすいてきます。

二人の恋にドキドキしながら植物の名前も知れて、さらに料理までとは、

まさに一石二鳥、いや、一石三鳥です。

ご丁寧にレシピまでつけてくれて。


最近、歩いていると、見えている景色の端っこにふと映りこみます。

植物たちが。

彼らを見ると自然に顔がにやけてくるのです。

そんなほっこりする感じの一冊でした。



おやっ!

すらすら文章が出てくるぞ。

これはもしやスランプ脱出か?

いや、そもそもスランプではなかったのだろう。

一時はどうなることかと思ったが・・・いやはや、

これで安心して本が読めそうだ。



2012.10.9 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。