上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年、最後の記事です。

今年最後を飾るのにふさわしい、私のお気に入りのシリーズです。

今回はこちら。





黒猫の薔薇あるいは時間飛行黒猫の薔薇あるいは時間飛行
(2012/12/07)
森晶麿

商品詳細を見る








内容紹介

黒猫の渡仏から半年。
付き人はポオをテーマに博士論文に挑むが、つい黒猫のことを考えてしまう。
そんなとき、作家・綿谷埜枝の小説に 「アッシャー家の崩壊」の構造を見出す。
その小説を研究するには、一晩で消えた薔薇の謎を解く必要があるらしい。

一方、パリで研究を始めた黒猫は、
恩師の孫娘マチルドから、ある音楽家の音色が変わった原因を調べてほしいと頼まれる。
日本とパリでそれぞれ謎を解くふたり。
でも隣を歩くのはいつもの相手ではなくて……。

待望の黒猫シリーズ第3弾。





前巻の終わりで、黒猫が渡仏してしまいましたので、ふたりばらばらで謎解きです。

二人の掛け合いが少ないのが悲しいですが、その数少ない二人の関わりがたまらなく愛おしいのです。

そして、ふたつの謎はやがて交わっていく。

相変わらずの美しい一冊でした。


さて、年賀状やらおせちやら、新年の準備をしていると、新しい一年が始まる実感は湧いてくる。

しかし、一年が終わるという実感は湧かないものなのだなあ。

というのを一昨日発見したので、何人かに言いふらしてみたものの共感はまったく得られなかった。

新しい一年に思いを馳せ浮かれるのも良いが、少しくらいは今年一年に感謝すべきなのかもしれない。

と、謙虚になってみますから、神様どうぞ、初詣のおみくじでは大吉を引かせてください。



2012.12.15 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

年内に読んだ本は年内の内に!

というモットーを、たった今作ったので、それに従います。

今回はこちら。






謎解きはディナーのあとで 3謎解きはディナーのあとで 3
(2012/12/12)
東川 篤哉

商品詳細を見る








内容紹介

シリーズ累計300万部突破の人気ミステリ

国立署の新米刑事、宝生麗子は
世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。
『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。
大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、
難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を話す相手は”執事兼運転手”の影山。
「お嬢様の目は節穴でございますか?」
――暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに謎を解き明かしていく。

2011年本屋大賞第1位、同年の年間ベストセラー第1位に輝いたシリーズ累計300万部突破の大人気ミステリ第3弾。

文芸誌『きらら』に連載した5編「犯人に毒を与えないでください」「この川で溺れないでください」
「怪盗からの挑戦状でございます」「殺人には自転車をご利用ください」
「彼女は何を奪われたのでございますか」に、
書き下ろし「さよならはディナーのあとで」を加えた全6編。






ついに三巻目までいきましたね。

今は十分面白いのですが、このまま続くとマンネリ化しそうで不安です。

まあ、私が憂うことではありません。

謎解きはある程度予測できてしまいますが、影山目線で読み進めていくのも、また一つの良さでしょう。

私的には、風祭警部とお嬢様の掛け合いが好きです。

では、今回はこの辺で。




謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る




謎解きはディナーのあとで 2謎解きはディナーのあとで 2
(2011/11/10)
東川 篤哉

商品詳細を見る




2012.12.13 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




記事が溜まってると言ったくせに遅くなりました。

さて、今回はこちら。





ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件
(2012/04/25)
七尾 与史

商品詳細を見る









内容紹介

「この役立たず! 私のために、殉職しなさい!」
ドSな美人刑事・黒井マヤがパワーアップして帰ってきた!
シリーズ10万部突破のベストセラー最新作!

人気番組「クイズマスター」で活躍するクイズ王・瓜生正夫が、
喉を一直線にかき切られる残虐な手口で殺害された。
ライバルのクイズ王・阿南達郎にも「敗者に死を」と書かれた手紙が届く。
ドSで猟奇趣味の美人刑事・黒井マヤは、浜松から呼びつけた相棒の代官山脩介刑事、
マヤに虐げられながらも「姫様」と呼んでまとわりつく浜田学刑事とともに捜査を開始する。
やがて、阿南に恨みをもつ元部下の伊勢谷良美が容疑者として浮上するが、
彼女は同様の手口で殺害された認知症の母親を残し、失踪。
その自宅には「悪魔払い」を信仰するカルト教団の祭壇があった──。
ドS度200%アップで帰ってきた黒井マヤが、常に血だらけのドMな相棒を引きつれ、
大好物の「殺人現場」で大暴れする!





いやー、前巻にもましてホラーでした。

もうここまでくると謎解きよりもオカルトメインですね。

まさに夢に出てきそうな感じでした。


そういえば、私は最近‘夢日記’をつけ始めました。

色々調べてみると、夢はレム睡眠時に出現するらしいですね。

そして、寝ている間、レム睡眠とノンレム睡眠は交互に訪れるので、

一回の睡眠で、5回くらい夢を見るそうですよ。

どうりで起きた時、何個も夢を覚えているもんです。

しかし、その記憶もすぐ、波が砂をさらっていくように跡形もなく消えてしまう。

夢の記憶が消える時の感覚は不思議です。

ほんの一瞬、夢を思考の片隅に追いやっただけで見失う。

後悔した時にはもう時すでに遅し。二度と取り戻すことはできません。

我々の記憶とは、案外頼りないものなのかもしれませんね。

まあ、そういうわけでつけ始めた夢日記ですが、さて、いつまで続くのでしょうか。




2012.11.某日(忘日) 人間の記憶とは実に頼りないものだ。





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



私が記事を書くスピードを本を読むスピードが大幅に上回ってしまっていることにより、

結構な渋滞が生じています。

と、いうことなので、さっさといきます。さっさと。

今回はこちら。





火神録  考古探偵一法師全の記憶 (角川文庫)火神録 考古探偵一法師全の記憶 (角川文庫)
(2012/02/25)
化野 燐

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

すべてはあの年、京都ではじまった―。
大学で考古学を専攻する佳織は、殺人の現場に偶然いあわせたことをきっかけに、
先輩の一法師、同級生の荻原、鋭い洞察力をもつ文化財修復師・後田あいりと行動を共にすることになる。
佳織は一法師があいりに惹かれていることに気づき、動揺する。
あいつぐ不審火、ビル爆破事件、そして大がかりな脅迫が古都を震撼させる。
考古探偵の過去がついに明かされる、人気シリーズ第4弾。






今回は恋愛要素が強かったですかね。

そして、ついに一巻目からの謎であった一法師の過去が明らかになります。

やっと今までの謎がつながってきたかな・・・という感じです。

やはり歴史が絡んでいる本は面白いですね。


そう言えば、

今日(投稿時から見れば昨日)の驚き。


友人「一本締めって何?」

私 「え!?知らないの?」

友人「あー、あれか。よーい、ぱん!

私 「 !? 運動会ーーーー!!」


今まで、おかしいとは微塵も感じなかったらしい。



さて、

今回はささっと!なので、この辺で。




2012.11.23 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



このあいだ、雪が降りました。

いやー、いつの間に冬になったんだか・・・。

では、今回はこちら。







パーフェクトフレンド (メディアワークス文庫 の 1-5)パーフェクトフレンド (メディアワークス文庫 の 1-5)
(2011/08/25)
野崎 まど

商品詳細を見る








周りのみんなより、ちょっとだけ頭がよい小学四年生の理桜。
担任の千里子先生からも一目置かれている彼女は、
不登校の少女「さなか」の家を訪ねるようにお願いされる。
能天気少女のややや(注:「ややや」で名前)や、引っ込み思案の柊子とともに
理桜は彼女の家に向かうが、姿を現したさなかは、早々に大学の勉学を身につけ、
学校に行く価値を感じていない超・早熟天才少女であった。
そんな彼女に理桜は、学校と友達がいかに大切であるかということを説くのだったが……?
少女達が織り成す《友情》ミステリ。





キャラクターの個性がかなり強いです。

それでいてまとまりがありました。

あ、上の文平仮名しかない。読みにくいし、実に気持ちが悪い。

それはさて置き。

とても面白かったです。

しかし、著者の他の作品と比べると、少し物足りない感が否めませんでした。

他のよりも、ミステリー要素と不思議感が薄い気がします。

それでも面白かったです。

本を読みながら、にやける以上、腹がよじれる未満の笑いをしたのは初めてかもしれません。

すいません。範囲が広すぎました。

実際には、思わず「ぷっ」となってしまうくらいの笑いです。

しかし、笑えるのにきちんと考えさせられます。

友達って何なのだろうか。と。

なんだかキャラクターに愛着まで湧いてきて・・・。

それでもやっぱり笑えるのです。




2012.11.23 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



お久しぶりです。

そろそろ更新しなければ、広告にブログを乗っ取られかねないので焦っています。

さて、今回はこちら。





ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件
(2011/08/04)
七尾 与史

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

静岡県浜松市で、人間が生きたまま次々と焼き殺される、残虐な連続放火殺人事件が起こる。
被害者は、元ヤクザ、詐欺師、OL、主婦、歯科医など様々で、何の手がかりもない。
それなのに、県警からやってきた高慢ちきな美人刑事・黒井マヤは、
殺人現場で「死体に萌える」ばかりで、やる気ゼロ。
相棒の代官山脩介は、そんなマヤに振り回されながらも、
被害者の間で受け渡される「悪意のバトン」の存在に気づくが―。







前から読みたいと思っていたのですが、人気がありそうなので敬遠していた一冊です。

最初はキャラクターにありきたり感を感じていたのですが、読み終わってみるとクセになっています。

事件も、犯人は予想できてしまうものの、トリックや背景は満足できるものでした。

たいへん面白うございました。

と、これもまたシリーズものなのです。

ああ、また書くのに苦労するのでしょう。

しかし、毎回懲りずにシリーズばかり買ってしまう・・・。

それほど魅力があるということなのでしょうね。




ではここで、今日の出来事です。

穴のあいた服を見た友人がひとこと。




「あれ?カーディガン穴あいてるじゃん。アプリコット付けなよ。アプリコット。」




ジャムでも塗るつもりなのだろうか。





2012.11.13 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。