上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分前に読んだ本ですが、今回はこちら。





ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
(2013/02/22)
三上延

商品詳細を見る









内容紹介

珍しい古書に関係する、特別な相談――謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。
その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。
それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。
金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。
そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。
美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが――。





今回は、本のことよりも登場人物メインでした。

江戸川乱歩の作品をなぞらえたトリックが多かったので、

乱歩の小説を読んでいた方が楽しめたかなぁとか。思いますよね。

私は一冊も読んだことがなかったので、これを機に読んでみてもいいかもしれません。

すぐに新しい本に手が伸びてしまうのは悪い癖です。

有名な本くらい一通り読んでおくべきですね。

まあ、

このまま面白く続いてくれたらなーと願わざるを得ません。




3月17日 日曜日

奈良に行きました。

鹿寄せです。

朝早かったので、半ば寝ている体にむちうって向かったのですが

もう鹿が可愛いのなんのって。

森から出てくるんですけど、

乱立している木々の合間を縫って鹿々が押し寄せてくる様といったら、言い表し難い感動を催します。

それも、同じ所から列をなして駆けてくるのです。

おじぎをする鹿もいて、終始顔のにやけが治まらなかった私。

そのせいか翌日、じんわりと地味な痛みが顎ら辺に居座りました。

鹿サイダー(柿酢風味)の味は、メロンのようで微妙だったけど、

とても充実した楽しい一日になりました。







2013.2.23 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

今回はこちら。






春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
(2004/12/18)
米澤 穂信

商品詳細を見る









内容(「BOOK」データベースより)

小鳩君と小佐内さんは、恋愛関係にも依存関係にもないが互恵関係にある高校一年生。
きょうも二人は手に手を取って清く慎ましい小市民を目指す。
それなのに、二人の前には頻繁に謎が現れる。
名探偵面などして目立ちたくないのに、なぜか謎を解く必要に迫られてしまう小鳩君は、
果たしてあの小市民の星を掴み取ることができるのか?
新鋭が放つライトな探偵物語、文庫書き下ろし。






可愛らしいタイトルとは裏腹に、小佐内さんの執念は深く、そして黒かった・・・。

ふたりの前に現れる謎自体は日常的で、ごく小規模です。

しかし、なんだかスケールが大きく感じてしまう。

登場人物の感情が深いからでしょうか。

人間的な、どろっとした感情が描かれているにもかかわらず、可憐で爽やかな後味です。

どうやらシリーズがあるようなので早く読みたいな。

そして何より、

スイーツがたくさん出てくるので、お腹がすきます。

あー、いちごタルトが食べたいなー。


と、いうところでお時間となったようです。

また次回お会いしましょう。



2013.2.20 読了



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


さて、ご無沙汰しております。

今回はこちら。





作家小説 (幻冬舎文庫)作家小説 (幻冬舎文庫)
(2004/08)
有栖川 有栖

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

ミステリよりミステリアスな、作家という職業の「謎」に本格ミステリ作家・有栖川有栖が挑戦。
作家だらけの連作小説。






謎はあまりなかったような気がします。というよりは、、、

なんだか、ホラーチックで怖かったですねー。

日ごろサラッとした本ばかり読んでいると、たまに読むこういう本が疲れますね。

これは感想を書くのに困ります。

実に書きにくい。

と、いいますか読み終わったのが一か月ほど前なので、そろそろ記憶が薄れかけているのです。

これは不覚。

では、今回はこの辺で失敬。




2013.2.20 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。