上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです。
大学が決まって落ち着いたら再開しようという言い訳も通用し難くなってきましたので更新します。





チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る









内容紹介

東城大学医学部付属病院の有能な心臓手術チームに起こった、連続術中死の謎を追う医療ミステリー。
万年講師の窓際医師・田口公平と、厚生労働省からやってきた変人役人・白鳥敬輔の掛け合いが
圧倒的に面白いと大評判になりました。
脇を固めるキャラクターも個性派ばかり。
コミカルなやりとりと、リアルな医療現場の描写は、現役医師である著者にしか描くことができません。
新作を次々に発表し、人気作家としての地位を確立しつつある著者・海堂尊の原点が、
このデビュー作に詰まっています。






なにぶん、一年弱前に読んだものなので詳しい事は覚えておりませんがご容赦くださいませ。

ちょうどバチスタシリーズをドラマでやってますね。
グッドタイミングです。
私はドラマから入った口なので、小説とのギャップに少し戸惑いましたが、馴れればまたドラマとは違ったコミカルさや面白さが見えたりもしてよかったです。
嘘っぽくなく、それでいて難しすぎない絶妙バランスが、
バチスタシリーズの安定感であり、人気の所以でしょう。

たくさんシリーズがありますので是非読んでみて下さい。



チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る




2013.3.23 読了



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。