上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



妖奇庵夜話  その探偵、人にあらず (角川ホラー文庫)妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず (角川ホラー文庫)
(2013/06/21)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る






内容(「BOOK」データベースより)
突如発見された「妖怪」のDNA。それを持つ存在は「妖人」と呼ばれる。お茶室「妖〓(き)庵」の主、洗足伊織は、明晰な頭脳を持つ隻眼の美青年。口が悪くヒネクレ気味だが、人間と妖人を見分けることができる。その力を頼られ、警察から捜査協力の要請が。今日のお客は、警視庁妖人対策本部、略して“Y対”の新人刑事、脇坂。彼に「アブラトリ」という妖怪が絡む、女子大生殺人事件について相談され…。大人気妖怪探偵小説、待望の文庫化!!








妖奇庵夜話  空蝉の少年 (角川ホラー文庫)妖奇庵夜話 空蝉の少年 (角川ホラー文庫)
(2013/07/25)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





スポンサーサイト




もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2010/05/11)
高橋 由太

商品詳細を見る





内容(「BOOK」データベースより)
江戸・本所深川で、献上品の売買を行う、献残屋の手代として働く周吉。彼はオサキという妖狐に憑かれたオサキモチであり、いつも懐にいるオサキに、恋に仕事にと、やることなすことからかわれている。ある夜、辻斬りに襲われ、殺人も起きる中、店の一人娘・お琴がいなくなった。周吉はオサキモチの不思議な力を使い、お琴を捜しに夜の町へ出て行く。おとぼけ手代と妖狐一匹の妖怪時代劇。







もののけ本所深川事件帖 オサキ鰻大食い合戦へ (宝島社文庫)もののけ本所深川事件帖 オサキ鰻大食い合戦へ (宝島社文庫)
(2010/10/07)
高橋 由太

商品詳細を見る


もののけ本所深川事件帖 オサキ婚活する (宝島社文庫)もののけ本所深川事件帖 オサキ婚活する (宝島社文庫)
(2011/08/05)
高橋 由太

商品詳細を見る


もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)もののけ本所深川事件帖〜オサキと江戸の歌姫 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/05/10)
高橋 由太

商品詳細を見る


もののけ本所深川事件帖 オサキ つくもがみ、うじゃうじゃ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)もののけ本所深川事件帖 オサキ つくもがみ、うじゃうじゃ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/12/06)
高橋 由太

商品詳細を見る


もののけ本所深川事件帖 オサキと骸骨幽霊 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)もののけ本所深川事件帖 オサキと骸骨幽霊 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2014/03/06)
高橋 由太

商品詳細を見る






クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


四月から消費税が上がるそうだから、いままで買い忘れていた本や、ふんぎりが付いていなかった本を急いで買い溜めたいと、今更ながら焦り始めて買う本リストなどを狂ったように作り始めたものの、近く本屋に行ける用事がない事に気が付いた。
そもそも、そんな大量の本を一気に買えるほど私の財布は重くはない。

しかし、この先走って宙ぶらりんにされた購買意欲の身の置き所もまたないのだ。
このどうにも浮ついて引き返せなくなった心をどうしてくれよう。

いっそ家中を走り回るか。いや、走り回るほど広くもないのだが。
そうしよう、そうしよう



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)一鬼夜行 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2010/07/06)
小松 エメル

商品詳細を見る







内容(「BOOK」データベースより)

江戸幕府が瓦解して五年。強面で人間嫌い、周囲からも恐れられている若商人・喜蔵の家の庭に、ある夜、不思議な力を持つ小生意気な少年・小春が落ちてきた。自らを「百鬼夜行からはぐれた鬼だ」と主張する小春といやいや同居する羽目になった喜蔵は、次々と起こる妖怪沙汰に悩まされることに―。あさのあつこ、後藤竜二両選考委員の高評価を得たジャイブ小説大賞受賞作、文庫オリジナルで登場。








鬼やらい〈上〉 (ポプラ文庫ピュアフル)鬼やらい〈上〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2011/07/05)
小松 エメル

商品詳細を見る




鬼やらい〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)鬼やらい〈下〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2011/07/05)
小松 エメル

商品詳細を見る




一鬼夜行 花守り鬼 (ポプラ文庫ピュアフル)一鬼夜行 花守り鬼 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2012/03/06)
小松エメル

商品詳細を見る




↑一鬼夜行シリーズ






うわん: 七つまでは神のうち (光文社文庫)うわん: 七つまでは神のうち (光文社文庫)
(2013/04/11)
小松 エメル

商品詳細を見る





内容(「BOOK」データベースより)

名医と評判の青庵の娘・真葛は、医者小町と呼ばれる器量よし。母亡き後、父の手伝いも器用にこなす利発な娘だ。大嵐の日、息子の太一とともに往診から戻った青庵はそのまま倒れ臥してしまう。さらに幼い太一の体には、妖怪うわんが宿っていた!うわんは真葛に、父と弟を助けたいなら、九百九十九の妖たちを捕らえてこいと命じるのだが…。期待の新シリーズ第一弾。








クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




アイスクリン強しアイスクリン強し
(2008/10/21)
畠中 恵

商品詳細を見る









内容(「BOOK」データベースより)

ビスキット、チヨコレイト、アイスクリン、シユウクリーム、スイートポテト。
南蛮菓子から西洋菓子へと呼び名が変わり、新たな品々が数多登場。
そんなスイーツ文明開化の東京で、孤児として生まれ育った真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。
そこには今日もまた、甘い菓子目当てに若い元幕臣の警官達がやってくる。
菓子作りの修業に精を出したい真次郎に、厄介事が次々と…。
著者の魅力全開!明治の築地居留地で、西洋菓子屋の若主人と元幕臣の警官達「若様組」が繰り広げる
「スイーツ文明開化」騒動記。






若様組まいる (100周年書き下ろし)若様組まいる (100周年書き下ろし)
(2010/11/05)
畠中 恵

商品詳細を見る





2013.4.2 読了



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村






大江戸妖怪かわら版 1 異界より落ち来る者あり (講談社文庫)大江戸妖怪かわら版 1 異界より落ち来る者あり (講談社文庫)
(2011/11/15)
香月 日輪

商品詳細を見る









内容(「BOOK」データベースより)

三ツ目や化け狐たちが平和に暮らす、おだやかな魔都「大江戸」。
かわら版屋の少年・雀は、この町に住むたったひとりの人間だ。
面白話を求めて奔り回る雀のところに「人間を拾った」との一報が。
おかっぱ頭の童女が、人間の住む異界から落ちてきたというのだ―。
朗らかな妖怪たちの姿を鮮やかに描いた、優しい人情噺。







大江戸妖怪かわら版2 異界より落ち来る者あり 其之二 (講談社文庫)大江戸妖怪かわら版2 異界より落ち来る者あり 其之二 (講談社文庫)
(2012/08/10)
香月 日輪

商品詳細を見る



大江戸妖怪かわら版3 封印の娘 (講談社文庫)大江戸妖怪かわら版3 封印の娘 (講談社文庫)
(2013/08/09)
香月 日輪

商品詳細を見る







2013.4.2 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



突然ですが、皆さん。

一年前に読んだ本の内容を細かく思いだし、長々と感想を書くことができるでしょうか。

その答えは否です。

いや私はできるよと思われた方はよほど有能であるに違いありません。おめでとうございます。

残念ながら私はそこまで優秀な脳の持ち主ではありませんのでさっぱりです。

でもそう、きっとこれは、読んだ本の感想をこまめに書いていかなかった私の落ち度

ではなく、たくさんの本を読みすぎたために古い本の記憶を一部押し出してしまった私の脳の落ち度と言えるでしょう。

しかしまあ、部下の落ち度は上司の責任ともいいますし、代わりに私の責任となるのも致し方なく・・・


とまあ、言い訳を流れ出る湯水のごとくダラダラと書き連ねましたが、

結局は感想を書けるほど本の記憶がないので、感想なしで何個か記事を出すことと相成りましたと。

そういうことです。よろしくお願いします。


P.S. 文句・説教等は一切受け付けません。






ザ・万歩計ザ・万歩計
(2008/03)
万城目 学

商品詳細を見る









内容(「BOOK」データベースより)

オニを遊ばせ鹿に喋らせるマキメ・マナブのマーベラスな日々。初エッセイ集。







2013.4.1 読了


クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。