上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんなに長かった春休みも、もう残す所一週間ほどしかない。
履修は組まなきゃいけないし面倒くさいったらありゃしない。 あーいやだ、いやだねぇ。

そんなところで、豆腐小僧の二巻目”ふりだし”をやっとこさ読み終わったのだ。
やっぱり小僧達が愛くるしくて好きだなぁ。





つれづれ、北野坂探偵舎 感情を売る非情な職業 (角川文庫)つれづれ、北野坂探偵舎 感情を売る非情な職業 (角川文庫)
(2015/03/25)
河野 裕

商品詳細を見る





内容(「BOOK」データベースより)

若き編集者佐々波は、時代遅れになった文学賞の運営を担当していた。
胡散臭い上司、口うるさい後輩、再デビューを目論む作家の思惑が絡み合い、賞の選考は進む。
そんな中、佐々波は優秀な校正者だった最愛の恋人を突然失う。
彼女はなぜ死んだのか?残された疑問に、幽霊となった恋人は答えない。
だが事故に遭い眠り続けていた“天才”が口を開く時、すべてのピースが繋がり始めて―小説への、無音の狂気と愛情の物語。






シリーズ4作目。
今回は、1作目よりも前、佐々波が編集者だった頃の過去の話が主題です。
そこに、現在の、今までの巻で追ってきた謎の真相に近づきつつある場面を少しずつ挿んでいるといった形。

謎解きというよりは、人間模様や、悲しさ、小説にに対する強い想い、信念が綴られていて、切なくも空恐ろしくなるような、
それでも愛おしいような物語でした。

小説に生き、小説に死んだ人というのがその恐ろしさの正体なのだけれど、彼らの思いも分からなくもないというか。
まぁ、私にはそれほどの気概も、深く入り込むほどのやる気もないけれど。
だからこそ、その狂気じみたまでの行動をとる彼らが美しく見えるし羨ましかったりもする。

きっと、人の狂気を包み込んでしまう優しさなんてものがこの小説には溢れているのだと思う。

天才の書く文章を言い表している箇所がいくつもあって、それを読む度に興味が湧いて、とてつもなく読みたくなった。
そんな小説があるのなら、読めば憑りつかれるほどに気に入るだろうなぁ。
もしかしたらもう既にあるのだろうか。
私の読書は偏っているから知らないだけかもしれない。





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ブログを書いていると、たまにふと我に返るときがあるんだよね。
読んでくれる人がいると仮定してなんだかんだ語っているけれど、一人で一体なにしてんだろうか。
自己満足の備忘録だと言い聞かせていても、なんだか虚しさに勝てないなぁ。





バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達 (角川ホラー文庫)
(2015/03/25)
藤木 稟

商品詳細を見る





内容(「BOOK」データベースより)

熊本・天草において、真夏日に大雪が観測され、天空に忽然と巨大な十字架が浮かび上がった。
時期を同じくして近隣の海で遭難した海洋冒険家は、こう語ったという―「美しい黒髪の天使に救われた」。
平賀とロベルトは奇跡調査を開始するが、隠れキリシタンの信仰が色濃く残る天草の地には、さらに謎めいた怪異と暗号が伝えられていた。
「さんしゃる二、こんたろす五」の文が示す天草四郎伝説の真実とは!?大人気シリーズ第9弾。





9弾まで来ました。
間に短編集が入ったので10巻目です。
これから3巻ほど新刊ラッシュがつづくそうな。楽しみだな~。

今回は優しい後味というか、事件は剣呑だったりするのだけれど、どこかおだやかで十字架の裏をそっと覗いてみるような、そんな印象。
舞台が日本だからかもしれない。

妖怪の話や怪談もあって日本仕様ですね。ウキウキ。

副題の 原罪無き使徒達 っていうのが、読後の今にみるとじんわりとしたモノがこみあげてきたり。

宣教の真の意図とそこの裏の歴史的背景が、隠れキリシタンを通して見えて、少しばかり切なかったり。

それにしても毎回、ロベルトの作る食事がすごく美味しそうです。
今日の昼にでも作ってみようと思ったけれど、材料がオシャレすぎて家にはなかった。
醤油で誤魔化すかな。




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

ブログのタイトル変えようかなぁなんて考え中。
なんだか飽きてきちゃった。




文庫版 豆腐小僧双六道中ふりだし文庫版 豆腐小僧双六道中ふりだし
(2013/07/25)
京極 夏彦

商品詳細を見る






内容(「BOOK」データベースより)

江戸郊外のとある廃屋に、いつのまにやら棲みついていた1匹の妖怪、豆腐小僧。
豆腐を載せた盆を持ち、ただ立ちつくすだけの妖怪である自分は、豆腐を落としたとき、ただの小僧になるのか、
はたまた消えてしまうのか―。
思い悩んだ小僧は、自らの存在理由を求めて旅に出る!軽快な講談調で、小僧が出会う鳴屋や死に神、鬼火との会話の中から現れてくる妖怪論。
妖怪とは、いったい何なのか?妖怪入門としても必読の痛快作。




なんともインパクトのある表紙。豆腐小僧でございます。

写真に挙げているものは、角川文庫のものなのですが、講談社の正方形豆腐型のものが私的には好み。
続刊の”おやすみ”は後者で購入と相成りました。(ただ今読中。)

シリーズを形で揃えないことはコレクターとしてのプライドが許さないのだけど、まぁ両方見れていいよねぇ。

ひたすら妖怪の存在について解釈を述べているだけですのに、独特の講談調とキャラクターによって、楽しく読めてしまうというお話。
落書きでも見ているようなと言ったら失礼かもしれないけれど、そんな楽しさという感じかなぁ。
でもって、その落書きが自我を持って歩き出したかのような、とも言えるかもしれない。

豆腐小僧が必死に持っている豆腐の描写が所々にあって、それがとても愛らしい。
豆腐がふるふると波打っている様や、盆の上をつつーっと滑っていく様を思い浮かべると、豆腐にまで人格が見えてきてしまうのです。
そして、その豆腐を持っていることが、豆腐小僧が豆腐小僧たる条件であると、豆腐を死守する豆腐小僧の頑張りも見ていてとても愉快です。(なんかややこしくなちゃった。)

これを原作とした映画を観に行っていなかったことが一生の不覚。




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

皆さん、ごきげんよう。
突然ですが、私、この間夢を見ました。

それは、円形闘技場で熊と闘う夢です。
私の装備は剣一本のみ。
私は熊を打ち負かすべく、飛び掛かって来たところを下に潜り込んで一突きにしよう などと戦略を練り、隙を窺う窺う。

しかし、予想外にも熊は弓矢をお使いあそばしたので、遠距離で私は防戦しかできず。
何で熊が弓使うんだよ、早くかかってこいよと怒りを覚えながらも、素晴らしい運動神経をもって剣を扱い、飛んでくる矢を次々薙ぎ払う私は少し恰好良かった気がします。

そして仕舞いには、熊の投げてよこした黒いものが爆薬であると気付き、必死で伏せると、私の周りを囲むようにパンパンパンと爆発。
煙がおさまって起き上がろうと、ん?左腕にかすってんじゃ・・・痛ったっ!
っていう辺りで意識が浮上しました。

いやー。夢で痛みって感じるんですね。起きてからもしばらく痛い気がするのね、不思議☆
しかも、私の運動神経ちょー良くなってるわー あはは・・・

・・・っていうかさ、熊の装備、

特別待遇すぎじゃない?不公平じゃない?

なんだか無性に腹が立った冬の終わり。







天使と悪魔(上)天使と悪魔(上)
(2003/10/31)
ダン ブラウン、越前 敏弥 他

商品詳細を見る




天使と悪魔(下)天使と悪魔(下)
(2003/10/31)
ダン ブラウン、越前 敏弥 他

商品詳細を見る






内容(「BOOK」データベースより)

ハーヴァード大の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。紋章は秘密結社“イルミナティ”―十七世紀にガリレオが創設した科学者たちの結社―のもので、この世にはもう存在しないはずの伝説の紋章だった。それが男の全裸死体の胸に焼印として押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに世界初の大量反物質の生成に成功した科学者。反物質は核の数十倍のエネルギーをもつが、すでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持込まれたという…。スピード感あふれ、ひねりと衝撃が連続の、タイムリミット・サスペンス。

おりしも、ヴァチカンでは新ローマ教皇選挙会の当日。だが、次期教皇候補四人が揃って失踪していた。そこへイルミナティを名のる人物から電話がかかる。かつて科学者を迫害した教会に復讐するため、教皇候補を、一時間に一人ずつ殺して死体をさらしていくというのだ。死体をさらす四つの場所とはどこなのか。反物質はヴァチカンのどこにあるのか。その鍵が十七世紀に書かれた詩に隠されていることに気付いたラングドンは、知力と体力の限りを尽くして、姿なき敵が仕掛けた殺人ゲームに挑む!科学と宗教の対立を描く深遠なテーマ、そして途方もなく壮大なラスト。






ロバート・ラングドンシリーズの第一弾です。
映画ではこの後の、ダ・ヴィンチ・コードの方が先だったから、読む順番を間違えてしまったという不覚。
なので、第二弾は読済なのです。

相変わらずの情報量で、満足感ありあり。
宗教学の話は私の興味とピッタリ合致し、血沸き肉躍る。
学術的な楽しさもさることながら、物語的な楽しさも溢れんばかりなのだ。

しかしあれですね、主人公ロバートの不死身っぷりったら、神のご加護というか、祝福を授かっているとしか言いようのないものですね。
でもその安心感というのが、彼がどんな困難な敵に当たった時も、今回はどう逃げおおせるのだろうという期待と、こればっかりは無理かもしれないという危機感とを、バランスよく保っているのだろうなぁ。

事実をより合わせて作られた物語なので、しっかりとした印象。

続刊のロスト・シンボルとインフェルノも早くよみたいな。




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 最近よく映画を観に行く。
この間観た「チャーリー・モルデカイ」はなかなか面白かったなぁ。

映画館で観る時の、独特の緊張感と興奮は何物にもかえ難いものだ。
映画の始まる前、照明の落とされた時間は、何度経験しても不安な気持ちになる。不思議。

「イントゥ・ザ・ウッズ」も観に行きたいし、
今度は「ナイトミュージアム」を観に行くんだぁ。楽しみだなぁ。





うろんもの: 人情・お助け押し売ります (光文社時代小説文庫)うろんもの: 人情・お助け押し売ります (光文社時代小説文庫)
(2014/11/12)
朝松 健

商品詳細を見る






内容(「BOOK」データベースより)

御家人の次男坊・杉野伸吾は、立派な戯作者になるのが夢だ。
だが、師匠には、真面目すぎて話に艶がないと叱られてばかり。
そんなとき、役者まがいの美貌を持つ謎の男・夕星と知り合う。
兄さんと懐いてくる夕星は、伸吾の長屋に転がり込んできて…。
「お助け屋」の仕事に巻き込まれた伸吾を待っていたのは、波瀾万丈の日々だった!爽やかで温かな人情活劇。





ひとつのお助けで一冊だったから、続刊がでるのかもしれない。

夕星と辰己芸者の姐さんの存在感がありすぎて、伸吾は薄れているけれど、犬のコマがついていることで
浮かんでくる感じ。

夕星の立ち回りも楽しい。チャンバラとか結構好きだから。

タイトルに「人情」って書いてあるけれど、人情要素はあまりなかったな。
まあ、それは追々出てくる可能性あり。

私が思うに、彼のお助け屋が裏稼業的であるところがミソなのだ。
クリーンで純粋なお助け屋じゃあ、やっとう立ち回りは似合わないし、裏独特の勢いの緩急や口八丁の出番なんてのも到底なくなってしまうに違いない。
人の後ろの静かな薄暗がりみたいなものが、その人を立体として浮かび上がらせるというか、奥行きを醸すというか、その両方というか。
不確かだけれど確かにある その”影”こそがなによりも、人物の魅力として匂い立ってくるのだろうなぁ。

私も後ろ暗さでも背負えば魅力が増すかもしれない。ふっふっふ。(あ、なんか ふ が変な字にみえてきたよ)





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


三月十日
 
 昼前から、雪がちらつくなんて可愛いもんじゃないくらい吹雪いている。
雪はなんだかワクワクしていつも楽しいのだけれど、流石に午後二時二十分現在まで見ていると飽いてくる。

しかし、素晴らしきは発想の転換である。
この降りしきる雪が、桜の花びらと見えてくる。
するとなんとも暖かい心持ちになる。

私だけが春をお先に堪能したようで、少し誇らしい。
絶景かな。


暖かかったり、寒かったりで、風邪をひきそうな今日この頃。
それにしても、元々花粉症だから、どこからが風邪なのか見分けもつきやしない。




一鬼夜行 枯れずの鬼灯 (ポプラ文庫ピュアフル)一鬼夜行 枯れずの鬼灯 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2012/11/06)
小松エメル

商品詳細を見る




一鬼夜行 鬼の祝言 (ポプラ文庫ピュアフル)一鬼夜行 鬼の祝言 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2013/11/01)
小松 エメル

商品詳細を見る



□     □     □     □     □     □     □     □     □


 一鬼夜行シリーズの第四弾、第五弾。
私が好きなシリーズのひとつです。

写真を二つ載せたので、内容説明は割愛します。

巻をおうごとに愛おしくなるなぁ。
小春が帰る場面なんか、毎度毎度、悲しく寂しくなってしまう。ううぅ。

事件を追ってゆく中に、人情、妖情が溢れ、また、事件自体にも深く深く情があったりする。
儚くも優しく、哀しくも暖かい。
そんなところが、私はお気に入りなのです。

軽くで読みやすいんだけれど、しっかりと芯も深みもある素敵なシリーズです。装丁も素敵。




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。