上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しゅうございます。
このページに触れたのは、実に半年ぶりくらいだろうか。
私は消えてなどいないっ!
では、さっそくいってみようっ!




パズル・パレス (上)パズル・パレス (上)
ダン・ブラウン 西口 司郎

角川書店 2006-04-04
売り上げランキング : 483948

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



パズル・パレス (下)パズル・パレス (下)
ダン・ブラウン 西口 司郎

角川書店 2006-04-04
売り上げランキング : 484195

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






内容(「BOOK」データベースより)

全通信を傍受・解読できるNSAのスーパーコンピュータ「トランスレータ」が狙われる。対テロ対策として開発されたが、一般市民の通信全てをも監視可能なこのコンピュータの存在は決して公にできない国家機密であった。だが、この状況に憤った元スタッフが、自ら開発した「デジタル・フォートレス」という解読不可能な暗号ソフトを楯に、「トランスレータ」の公表を迫ったのだ。このソフトが流布されれば、アメリカは完全に無防備になってしまう…。
NSA暗号解読官スーザンは「デジタル・フォートレス」を「トランスレータ」で解読しようとするが、解読どころか、NSAそのものの機能さえも麻痺してしまうという絶体絶命の事態に…。ソフトを凍結させるパスワードを求めて、アメリカ、スペイン、そして日本を舞台に、タイムリミットの暗号解読作戦が、今、始まった!個人のプライバシーと国家安全保障とが対立する、情報化時代のテロリズムをスリリングに描いた、鮮烈なデビュー作。





デビュー作だけあって、着地に多少の粗さが見えるものの、やはりダン・ブラウンである。
視点の分け方やテーマがスリルを助長する。

暗号というものはとても面白い。
隠すことを目的にしているのも関わらず、その先では誰よりも読まれることを望んでいる。
うまく言えないが、読まれることを望んでいるものを、包んで隠しているというか。
暴かれることも隠すことも、どちらも目的のような。
そういうところが、人を惹きつけるのだろうと思う。

ということで、

2B
ねわつこ へいと やわせ゛ ふわね うほ゛いち てん


* 暗号は、読まれることを望んでいます。 ↓をドラッグ。
2つbackしてください
はんとし まえに よんだ ほんは おぼえて ない



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。