上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- LIVE中継中 -
こちら某所、ただ今、春休み真っただ中ですぅー。
はぁい、そうなんですよぉー、本も読み放題ということでー、はい?(え、時差でよく聞き取れな・・・まぁいいや)
じゃあ、早速行ってみたいと思いまーす。



好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集11)好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集11)
島田 雅彦

河出書房新社 2015-11-11
売り上げランキング : 31811

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



内容(「BOOK」データベースより)

生涯で戯れた女性・三七四二人、男性・七二五人―色好みの男・世之介の一代記を描いた、井原西鶴「好色一代男」。
幻想的な怪異の奇譚を優美に綴り、後世の文学に大きな影響を与えた、上田秋成「雨月物語」。
遊郭での最先端の流行を背景に「通」の生き様を描いた、山東京伝「通言総籬」。
優しい美男子と芸者たちとの三角関係をリズミカルに描いた、為永春水「春色梅児誉美」。
江戸、そして大坂。百花繚乱に咲き誇った、一七世紀から一九世紀の江戸期の文学を代表する四作品を、すべて新訳・全訳で。







竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集03)竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集03)
  森見 登美彦

河出書房新社 2016-01-11
売り上げランキング : 11552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



内容紹介

「もの」を「かたる」のが文学である。奇譚と冒険と心情、そこに詩的感興が加わって、物語と日記はこの国の文学の基本形となった。――池澤夏樹

竹取の翁が竹の中から見つけた〝かぐや姫〟をめぐって貴公子五人と帝が求婚する、仮名による日本最古の物語、「竹取物語」。
在原業平と思われる男を主人公に、恋と友情、別離、人生が和歌を中心に描かれる「伊勢物語」。
「虫めづる姫君」などユーモアと機知に富む十篇と一つの断章から成る最古の短篇小説集「堤中納言物語」。
「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとしてするなり」、土佐国司の任を終えて京に戻るまでを描く日記体の紀行文、紀貫之「土左日記」。
十三歳から四十余年に及ぶ半生を綴った菅原孝標女「更級日記」。燦然と輝く王朝文学の傑作を、新訳・全訳で収録。






去年の終わりから、この新訳日本文学全集を読もうと決意。
少々高価だが、きれいな装丁にほだされ、えぇい、買っちゃえっ といったところである。

そういう訳で、2015年の冬休みには、上の11巻、現在2016年に入って春休み前半には、下の03巻を購入、堪能した。
次は、新刊の谷崎潤一郎か、既刊の古事記を狙っているのだが、本屋での目移りの影響か、はたまた価格の影響か。
本屋に陣を進めるも、踏ん切りがつかず、すごすごと背を向け、撤退を余儀なくされたという経緯をもつ。

ほとんどの作品は、原文を読まずに読んでいるため、その辺の比較はできないが、新訳で訳者も豪華なだけあって、
とても読みやすく、時代を感じる嫌な読みにくさというものは無い。
そして、文章に時代を感じない分、その時代の空気を直に感じるような、それが世に出た時を感じるような。
こう、当時の出版事情なんかは分からないけれど、その文学が描かれたときに、市民一般として読んでいる感覚である。
それは決して、今、平成の世の中に出版されても違和感がないよということではなくて、
こちら側が当時の生活、息遣いに自然と馴染んで、素直に作品を楽しんでいるという感覚。

03巻は、古典の授業で現代語訳をしたような部分も多くあって、授業用の堅苦しい訳と作家の生きた訳とを記憶で照らし合わせてみるのも楽しい。
訳者と作品の時代を超えた相性も、ふっと笑ってしまうほどなかなか面白く、読みどころの一つといえる。

古典作品素人の第一関門である、挫折せずに読み切る、というところを余裕綽々、悠然と飛び越え、その先をみせてくれる。
そんな全集である。





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。