上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらず記事作成に追われていますが、

今回ばかりは急ぐことはできません。

何故かというと、今回の本が、これだからです。





獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)獣の奏者 3探求編 (講談社文庫)
(2012/08/10)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る







内容(「BOOK」データベースより)

愛する者と結ばれ、母となったエリン。
ある村で起きた闘蛇の大量死の原因究明を命じられ、行き当たったのは、
かつて母を死に追いやった禁忌の真相だった。
夫と息子との未来のため、多くの命を救うため、エリンは歴史に秘められた真実を求めて、
過去の大災厄を生き延びた人々が今も住むという遙かな谷を目指すが…。






私はこの 獣の奏者シリーズ が大好きなのです。

めったに感動しない私が、珍しく感動した作品たちです。

まあ、例によって、世界が崩れそうなので、あまり語りたくないのですが。

というよりも、悲しいかな、うまいこと文章にして記すことができません。

もう、言うことなしの素晴らしさです。

あえて苦言を呈すなら、値段が少々高いことですかね。

しかし、その苦言さえも、この作品の素晴らしさをまえに、行き場をなくしてしまうのです。

しかも、長い間待ち焦がれた続刊なのです。

少し財布を痛めながらでも、欲しくなって当然というものです。

そして、同時発売された四巻を手にいれるためにも、

溜まっている記事をいち早く消化しなければいけません。

本当はもう少し語っていたいのですが。


それではこのへんで。






獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)
(2009/08/12)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る




獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)獣の奏者 2王獣編 (講談社文庫)
(2009/08/12)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る





2012.8.20 読了



クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。