上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はこちら。




バチカン奇跡調査官  黒の学院 (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 黒の学院 (角川ホラー文庫)
(2010/12/25)
藤木 稟

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

天才科学者の平賀と、古文書・暗号解読のエキスパート、ロベルト。
2人は良き相棒にして、バチカン所属の『奇跡調査官』
―世界中の奇跡の真偽を調査し判別する、秘密調査官だ。
修道院と、併設する良家の子息ばかりを集めた寄宿学校でおきた『奇跡』の調査のため、
現地に飛んだ2人。
聖痕を浮かべる生徒や涙を流すマリア像など不思議な現象が2人を襲うが、
さらに奇怪な連続殺人が発生し―。
天才神父コンビの事件簿、開幕。




またしてもシリーズものです。

最近シリーズばかり読んでいるような・・・。

まあ良いです。


やはりホラー文庫なだけあって事件の描写は少しホラー感が漂っています。

私はあまりホラーの類を読まないので、どういうのがホラーなのかは分かりませんが・・・。

残忍・・・とでもいいましょうか。

しかし、登場人物や謎が面白く、残忍さも大して気にはなりませんでした。

私がホラーをあまり読まない理由のひとつに、

お化け的なものが怖いからっていうのがあるんですが、この本は悪魔とか、儀式とか、

そんなものが多いので、むしろ楽しんで読むことが出来ました。



バチカンや、その周りの国が話の舞台なんですが、

主人公に日本人がいるのが助かります。

私、外国人のキャラクターばかりだと、名前は覚えられないし疲れるしで大変なんですよね。

でもそこに、日本人がいると入り込みやすいし、読みやすくなります。

まぁ、こんな事言ってるから読書傾向が偏ってしまうんですけどね。


それはさておき。

私的には結構面白かったです。

これは次巻以降も読んでいかねば・・・。



2012.10.7 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。