上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回もこちら。




バチカン奇跡調査官  サタンの裁き (角川ホラー文庫)バチカン奇跡調査官 サタンの裁き (角川ホラー文庫)
(2011/01/25)
藤木 稟

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

美貌の科学者・平賀と、古文書と暗号解読のエキスパート・ロベルトは、バチカンの『奇跡調査官』。
2人が今回挑むのは、1年半前に死んだ預言者の、腐敗しない死体の謎。
早速アフリカのソフマ共和国に赴いた2人は、現地の呪術的な儀式で女が殺された現場に遭遇する。
不穏な空気の中、さらに亡き預言者が、ロベルトの来訪とその死を預言していたことも分かり!?
「私が貴方を死なせなどしません」
天才神父コンビの事件簿、第2弾。





この巻は、ロベルトがメインです。

ロベルトの過去も明らかになります。

でも、私的にはロベルトを心配する平賀のほうが良かったと思います。

事件じたいは全くもって微笑ましくないのですが、2人が互いを気にかけている様子が微笑ましいです。

いやー実に面白かった。



・・・・ていうか

全然文章が浮かんでこないんですけど・・・

はっ!

ひょっとしてスランプか?これが世に言うスランプというやつなのか?

そうか、それならば感想が短くなってもしかたあるまい。



と、言い訳をしたところで今回の記事を終わらせていただきます。



2012.10.8 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。