上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



植物図鑑植物図鑑
(2009/07/01)
有川 浩

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

ある日、道ばたに落ちていた彼。
「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできたよい子です」
「―あらやだ。けっこういい男」
楽しくて美味しい道草が、やがて二人の恋になる―。
書き下ろし番外編に加え、イツキ特製“道草料理レシピ”も掲載。





いやー

やっとシリーズ地獄から脱出できました。

といってもこの一冊だけです。

箸休め的な。


さて、感想です。

この本を読んでから、普段気にも留めないような雑草に目が吸いつけられます。

あ、雑草という名の草はないんでした。

そんなどこにでも生えているような草たちを何とまあおいしそうに調理すること。

読んでいるだけでお腹がすいてきます。

二人の恋にドキドキしながら植物の名前も知れて、さらに料理までとは、

まさに一石二鳥、いや、一石三鳥です。

ご丁寧にレシピまでつけてくれて。


最近、歩いていると、見えている景色の端っこにふと映りこみます。

植物たちが。

彼らを見ると自然に顔がにやけてくるのです。

そんなほっこりする感じの一冊でした。



おやっ!

すらすら文章が出てくるぞ。

これはもしやスランプ脱出か?

いや、そもそもスランプではなかったのだろう。

一時はどうなることかと思ったが・・・いやはや、

これで安心して本が読めそうだ。



2012.10.9 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。