上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回もこちら。





偽神譜  考古探偵一法師全の追跡 (角川文庫)偽神譜 考古探偵一法師全の追跡 (角川文庫)
(2011/09/23)
化野 燐

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

奇怪な人面をかたどった“邪視紋銅鐸”の鋳型が北九州で発見された。
女子学生の依頼を受けて現地を訪れた一法師と荻原、佳織は、発掘現場にただよう不穏な空気を感じる。
そこでは50年前の発掘調査の際に、関係者6人が殺される事件が起こっていた。
依頼してきた女子学生の失踪、現場で相次ぐ死者。
感染症の危険から隔離施設に閉じ込められた一法師たちは、見えない敵との戦いに挑む…。
絶好調、考古探偵シリーズ第3弾。





前回の記事で、伝染の恐ろしさについて語りましたが、

今回はそういう本です。

あ、笑いが伝染する話ではなくてですね・・・。

こっちはウイルスの伝染です。

自分が得体の知れないウイルスに感染しているかもしれない恐怖が描かれています。

あー、前回の伝染の話、この記事で書けば良かったかなー。

惜しいことをしましたね。



まあ、それはさて置き。



今回は前巻の話の裏話でした。

思わぬところで事件がつながって、前巻で釈然としなっかた謎もすっきり解決です。

しかし、新たな謎も。

次巻が気になります。



嗚呼、また書くことが無くなった。

しかし、そう頻繁にブログに書くような出来事が起きる訳もなく・・・。


と、いうことで今回はこの辺で。




2012.11.9 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    まとめ【 偽神譜 考古探偵一】 ( 00:34 )

    今回もこちら。偽神譜 考古探偵一法師全の追跡 (角川文庫)(2011/09/23)化野 燐商品詳細を見る内容(「BOO



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。