上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年、最後の記事です。

今年最後を飾るのにふさわしい、私のお気に入りのシリーズです。

今回はこちら。





黒猫の薔薇あるいは時間飛行黒猫の薔薇あるいは時間飛行
(2012/12/07)
森晶麿

商品詳細を見る








内容紹介

黒猫の渡仏から半年。
付き人はポオをテーマに博士論文に挑むが、つい黒猫のことを考えてしまう。
そんなとき、作家・綿谷埜枝の小説に 「アッシャー家の崩壊」の構造を見出す。
その小説を研究するには、一晩で消えた薔薇の謎を解く必要があるらしい。

一方、パリで研究を始めた黒猫は、
恩師の孫娘マチルドから、ある音楽家の音色が変わった原因を調べてほしいと頼まれる。
日本とパリでそれぞれ謎を解くふたり。
でも隣を歩くのはいつもの相手ではなくて……。

待望の黒猫シリーズ第3弾。





前巻の終わりで、黒猫が渡仏してしまいましたので、ふたりばらばらで謎解きです。

二人の掛け合いが少ないのが悲しいですが、その数少ない二人の関わりがたまらなく愛おしいのです。

そして、ふたつの謎はやがて交わっていく。

相変わらずの美しい一冊でした。


さて、年賀状やらおせちやら、新年の準備をしていると、新しい一年が始まる実感は湧いてくる。

しかし、一年が終わるという実感は湧かないものなのだなあ。

というのを一昨日発見したので、何人かに言いふらしてみたものの共感はまったく得られなかった。

新しい一年に思いを馳せ浮かれるのも良いが、少しくらいは今年一年に感謝すべきなのかもしれない。

と、謙虚になってみますから、神様どうぞ、初詣のおみくじでは大吉を引かせてください。



2012.12.15 読了




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。