上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、ご無沙汰しております。

今回はこちら。





作家小説 (幻冬舎文庫)作家小説 (幻冬舎文庫)
(2004/08)
有栖川 有栖

商品詳細を見る








内容(「BOOK」データベースより)

ミステリよりミステリアスな、作家という職業の「謎」に本格ミステリ作家・有栖川有栖が挑戦。
作家だらけの連作小説。






謎はあまりなかったような気がします。というよりは、、、

なんだか、ホラーチックで怖かったですねー。

日ごろサラッとした本ばかり読んでいると、たまに読むこういう本が疲れますね。

これは感想を書くのに困ります。

実に書きにくい。

と、いいますか読み終わったのが一か月ほど前なので、そろそろ記憶が薄れかけているのです。

これは不覚。

では、今回はこの辺で失敬。




2013.2.20 読了





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。