上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み用に買ったはずなのに、

休みに入る前に次々と消費されていきます。

置いとこうと思いつつも読み進めてしまいます。

そんな葛藤の中読んだのがこちら。





クジラの彼クジラの彼
(2007/02)
有川 浩

商品詳細を見る







内容

「沈む」んじゃなくて「潜る」。潜水艦とクジラと同じだから。
人数あわせのために合コンに呼ばれた聡子。そこで出会った冬原は潜水艦乗りだった。
いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。
そんな彼とのレンアイには、いつも大きな海が横たわる。
恋愛小説作品集。






良いですね。ベタ甘。

やはり疲れた時には 甘いもの ですよ。

たとえそれが、友人に『らしくない』と言われたものであっても。


友人に告ぐ。

私はベタ甘が好きなのだ。


2012.7.23 読了





クリックしていただけたら嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。