上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大学の長い春休みを存分に活用して本を読み漁る私。
この一か月何をしたって、友人と数回会った他は読書しかしていない。
嗚呼、なんて充実した日々!

この1週間と少しの間に読んだ本、

・異人館画廊 谷瑞恵
・黒方の鬼 渡瀬草一郎
・吾輩はシャーロック・ホームズである 柳広司
・陰陽師 龍笛ノ巻 夢枕獏
・陰陽師 太極ノ巻 夢枕獏
・鉄鼠の檻 京極夏彦
・確率捜査官 御子柴岳人 神永学
・ICO霧の城 宮部みゆき
・工学部・水柿助教授の日常 森博嗣


の中から今回は

吾輩はシャーロック・ホームズである (角川文庫)吾輩はシャーロック・ホームズである (角川文庫)
(2009/09/25)
柳 広司

商品詳細を見る


について書きます。



内容(「BOOK」データベースより)
ロンドン留学中の夏目漱石が心を病み、自分をシャーロック・ホームズだと思い込む。
漱石が足繁く通っている教授の計らいで、当分の間、ベーカー街221Bにてワトスンと共同生活を送らせ、
ホームズとして遇することになった。
折しも、ヨーロッパで最も有名な霊媒師の降霊会がホテルで行われ、ワトスンと共に参加する漱石。
だが、その最中、霊媒師が毒殺されて…。ユーモアとペーソスが横溢する第一級のエンターテインメント。




本当はこの著者の他の本を探しに古本屋に出向いたのだけれど、目的のぶつはなかったのでこっちに変更。

夏目漱石が自分をホームズだと思い込むという、なんとも惹かれる設定で、わくわく。
昔読んだシャーロックホームズを彷彿とさせる文体が、なんだか懐かしい。

物語の中の人物であるホームズとワトスンが漱石と会いまみえるという、絶対的な不協和が降り積もるわけなのだけど、それ自体が楽しいというか、ズレとそのズレに対する微かな不安感みたいなものが心地よく、美しいのだと思う。
ミロのヴィーナスの不完全さが完全であり、心に訴えかける美を有しているのと少し似ていたりする。

現実と虚構の垣根が溶けてしまったような、そもそも、それらの違いなんてあるのかなぁ、なんて考えてしまう。

しかし、本はそんな事を考えながら読むものじゃない気がしてきた。
もっと素直に字を、文章を、ストーリーを楽しみ、感じるべきなのだろうな。
あ、でも、読んでる時はちゃんとそれをしていると思うから別にいいのかな。
後でこう、ぐだぐだとロジックな分解を試みるのがいけないのかも。

でも、それを言ったらブログの意義がすり減っていくからこのへんで止めておこうかな。




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。