上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログのタイトル変更を報告したのが4月1日、エイプリルフールだったことに気が付いた。
あー、惜しい事をしたなー。
「ヌートリアの書」にしました☆ とかいってみたかった。

あ、タイトル変更はnotエイプリルです。




姫は、三十一 (7) (角川文庫)姫は、三十一 (7) (角川文庫)
(2014/09/25)
風野 真知雄

商品詳細を見る






内容(「BOOK」データベースより)

「既に現われているんだよ、静湖の運命の人は」飲み友達・繁蔵のよく当たる占いを胸に留めつつ、
平戸藩の元藩主・松浦静山の娘・静湖姫は、独り身のままもうすぐ三十二歳。
そんな折、(謎解き屋)に“開闢以来の凶事”といえる事件が舞い込む。
ある巨大な藩の江戸上屋敷で、藩士百人近くの死体が見付かったのだ。
調査に乗り出した静湖が辿り着いた、意外な真相とは?そして、静湖の“運命の人”とは!?大人気シリーズ、
衝撃の完結巻!書き下ろし。






遂に最終巻です。 サビシイ・・・

今回は最後にふさわしく、事件が大きかったから、このページ数で本当に間に合うのかと途中少し不安になった。
が、見事にすっかり解決なさいました。
ネタバレになりかねないので、詳しくは書けないけれど、なんだか切なくなる謎解きでしたね・・・。
それぞれの性格が招いた悲劇というか、ほんの些細な事の積み重ねで、そして誰もいなくなった という感じ。

でも、やっぱり面白いなぁ。好きだなぁ。

そして、姫さまの恋路もしっかりと前進。
ますます続きがあったらなぁと思ってしまう。
また、別編でリンクでもあれば嬉しいです、お願いしますっ!

とか、とりあえずお願いしてみる。

後は残すところ、続編の最終巻のみ。
ただ今、早く読みたいけど、読みたくないという葛藤中。





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。