上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか、湿気で皮膚が息苦しいとずっと思っていたけど、もしかして日焼け止めのせいだろうか。





完全犯罪に猫は何匹必要か? (光文社文庫)完全犯罪に猫は何匹必要か? (光文社文庫)
東川 篤哉

光文社 2008-02-07
売り上げランキング : 248198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






内容(「BOOK」データベースより)

『招き寿司』チェーン社長・豪徳寺豊蔵が破格の金額で探偵・鵜飼杜夫に愛猫の捜索を依頼した。
その直後、豊蔵は自宅のビニールハウスで殺害されてしまう。なぜか現場には巨大招き猫がおかれていて!?
そこでは十年前に迷宮入りした殺人事件もおきていた。事件の鍵を握るのは“猫”?
本格推理とユーモアの妙味が、新しいミステリーの世界に、読者を招く。






烏賊川市シリーズ第三弾。

さて、シリーズ恒例の、書くことない現象です。
指を鳴らしてやると、(パチンッ) 文章が現れ・・・ たりすることは決してありません。(駄文ならいくらでも書ける。)

えー、今回は猫づくしでした。
招き猫やら、生猫やらです。
そのどちらもが事件と密接に関わっていて、かつ騙し合っているかのような関係性で、巧妙に絡んでいる。
既視感があったから、ドラマでやってたエピソードだと思われるのだけど、それでも何の妨害も受けずに楽しめた。
トリックを知っていてもミステリーとして面白く読めるだなんて感動的な驚きです。
謎も相変わらず本格的で素敵でした。
ユーモアも絶妙。

やっぱり分かっていても楽しませる術ってのは大切なんですね。
如何に裏をかくか、ばれない様にこなすかだけではなくて、見えてもなお素直に心躍らせるような、そういった技術こそが本当の凄さであり、素人には越えることのできない一段なのかもしれない。

ちなみに、こういうブログなんかは逆だ。
知っているものについては読みやすいけれど、知らない場合はなかなか進まないものである。
私の書くものは、具体的でも深くもない、ひどく抽象的で幼稚なものだから、たいそう読みにくいだろう。
なんてったて、”今回は猫づくしでした。” だ。
まあ、主観では分からないものだから今後も改善は見込めないかもなぁ。 ははは・・・ (なぜか虚しい) 




クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。