上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日、友人が私の喋り方の真似をした。
凄くふざけた喋り方だったからどうせ誇張してるのだろうと思って、「そんなふざけてないでしょ~」と笑ったら、
別の友人に「え、こんなんこんなん。そっくり。」と真面目に言われた。
どうやら私は、常時へらへらとしてテキトウらしい。
自分の真の姿を知った、梅雨。





坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)坂の上の雲〈2〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎

文藝春秋 1999-01-10
売り上げランキング : 28071

Amazonで詳しく見る
by G-Tools








内容(「BOOK」データベースより)

明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達―日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を描く長篇小説。
世界を吹き荒れる帝国主義の嵐は、維新からわずか二十数年の小国を根底からゆさぶり、日本は朝鮮をめぐって大国「清」と交戦状態に突入する。陸軍少佐秋山好古は騎兵を率い、海軍少尉真之も洋上に出撃した。一方正岡子規は胸を病みながらも近代短歌・俳句を確立しようと、旧弊な勢力との対決を決意する。





全8冊の2巻目です。
もっと先まで読んだはずなのだが、どこまでいったか分からなくなったため2巻から再読。

前にも書いた気がするが、私はこの時代が好きだ。
もちろん、私は直接この時代を知っている訳ではないし、別段詳しい訳でもない。
だから、実際のそれとはずいぶんと違うのかもしれないけれど、この時代を描いた小説の空気が好きなのだ。
どこか土臭く、砂煙の舞っているような、そして、自国の防衛と発展に対する少し滑稽なほどの自信と希望に満ちた、一種の浮かれのような空気。
そんな独特の空気が、荒廃し虚無に潰された私の神経を刺激してくれる気がするわけだ。
そして刺激によって、私はひと時の奮い立つこころを覚える。

その心地を余すところなく味わうのが、この本である。
詳しい資料的解説も多い中、ちっとも苦を感じることはない。
好古と共に清の地を駆け、真之と共に海を学び、子規と共に移ろいゆく時代を感じることができる。

この嵐のような時代を駆け抜けた彼らを、躍動感たっぷりに読むのはとても楽しい。
もう少し、この世界に身を投じていられるよう、じっくりと読み進めていきたいな。





坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)
司馬 遼太郎

文藝春秋 2010-07-15
売り上げランキング : 2067

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


P.S. なぜ突然全巻の情報を置いたのか。
それは、全体について書いちゃったから、もう他の巻の感想は書くことがないかもしれないから、つまりそういうことです。





クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。